おすすめ情報|当サイトは、無料で全国の企業様のご紹介を行っています。

  • トップページ
  • 運営会社
【無料の企業PR広告】
【無料の企業PR広告】
おすすめ情報

家族葬とは、お葬式を基本的に故人の近親者(親族、親しい友人、知人等)のみで行うもので、参列者のほとんどが葬儀の後、火葬場まで同行するスタイルのものを言います。つまり、職場の付き合いやただのご近所など儀礼的な弔問は受けず、ごく身近な方のみで送るものです。本当に親しい人だけで送るということで、最後の時をゆっくりと静かに過ごしたい、大切な人にだけ見送って貰いたいというニーズにマッチするものです。密葬との違いは少人数の参列者であっても通夜や告別式というセレモニーをきちんと行うことです。

密葬は遺族のみでお別れをして、火葬することが多く、通夜や告別式などは行わない場合が多く、後程本葬式などをするパターンがあります。家族葬は特に宗教的なものの形態は決まっているものでは無いので、それぞれの家族の宗教、宗派に合わせて聖職者である僧侶などが来て、葬儀を執り行ないます。

冠婚葬祭は今日、それぞれの価値観によりそのスタイルを選ぶ時代であり、結婚式の場合に大きなホテルでたくさんのお客さんを呼ぶ場合と、家族と親しい友人だけを呼ぶハウスウェディング、教会や神社で式のみ挙げるなど多様化しているのと同様、お葬式も自分達(本人もしくは近親者)の意思で決める様になってきています。